aromatics - Akiko Ikeda Aromatherapy

Archive for April, 2009

巡り会い ー 10年越しのサイン

Tuesday, April 21st, 2009

実は、この新サイトのラウンチを済ませた数日後には、一年ぶりの日本への里帰りの為に飛行機に乗っていたのです。。。!

そういう訳で、今年は東京三大花見名所のひとつである地元の公園で久しぶりに、雲のような桜を満喫することができました。桜の木はロンドンでもよく街でみかけますが、やはりお花見の醍醐味は日本でなくっちゃダメです。

思えば、桜の開花の前には日本入りしていたのですから、かれこれブログに手をつけるまで一ヶ月もかかってしまっている。さすが、筆無精の私です。日本式のお風呂にゆったり浸ったり、なじみの街や行きつけのお店をふらっと訪れたり、公園で桜を愛でたり、埃のかぶった元自分の部屋を片付けたりして、やっと準備が整いました!

実は今回の里帰りでは、すでに私のアロマ人生にとって大切な再会がいくつかありました。そのひとつが、長い歳月を経て私の手元に戻ってきた自分の本との再会でした。

事の次第は、半年ほど前。アロマ関係のウエブサイトのリサーチの為にネットサーフィンをしていた時に、たまたま、ある方がご自身のブログで私が十年程前に出版した本を愛読書として紹介されている文章に行き当たったのです。当時私が講師をしていたアロマスクールの生徒さんで、当時スクール付属のショップでその本を私から購入してくださったものの、「著者サインを入れましょうか?」の問いかけに気恥ずかしくて「いいです」と答えられてしまったとか。その後、どこへでも持ち歩いて読んでくださる位、その本を気に入ってくださり、以来、あの時サインをもらっておけばよかったなと回想されている内容だったのです。。。!

インターネットは時空を超えて人と人をつないでくれる、使いようによってはすばらしいツールですね!早速そのブログにコメントを残しておいたことで、今回、晴れて十年以上ぶりに東京八重洲で再会と相成ったわけなのです。

1997年当時、授業では何ヶ月もご一緒したとはいうものの、一対一でお会いするのは初めてというのに、アロマのご縁というものはフシギです。まるで長年の旧友が久しぶりに再会したかのように、すんなりとお互いの過ごしてきた十年の話、アロマの話など、話題が途切れる暇もなくあっという間に小一時間がすぎていました。ご一緒したスクール以降、別々の場所でアロマテラピーを行ってきたかのようであるのに、実は彼女が次に学んだスクールや先生と私にご縁があったり、私が日本語版を監修した台湾のアロマテラピー本を出版しているスパに、彼女もついこの間、それを知らずに行ってきたばかりだったり。。。お互いの人生が、アロマテラピーというものを軸にゆら〜りゆら〜りと絡んでいるのを知るのは、とても嬉しかったです!

アロマをご縁とした”ひとの輪”が、まさにインターナショナルに、有機的に、つながっているのです。このブログを書いている最中にも、その台湾のスパを運営しているアロマ親友からスカイプのチャットで呼び出され、アロマ談義をしながら、やっと久しぶりのブログを仕上げました。 こんなだから、ホント、出会ってからずっと、アロマのある人生がやめられないんですよネ。